九州大学大学院医学研究院 精神病態医学
九州大学病院 精神科神経科
Department of Neuropsychiatry
Graduate School of Medical Sciences
Kyusyu University
Since 1906, For Better Mental Health.
九州大学大学院医学研究院 精神病態医学
九州大学病院 精神科神経科
Department of Neuropsychiatry
Graduate School of Medical Sciences
Kyusyu University
Since 1906, For Better Mental Health.

行動療法研究室

HOME | 教室紹介 | 研究室紹介 | 行動療法研究室


行動療法研究室は、開設以来行動療法の実践に重きを置きながら、その対象となる強迫症(Obsessive-Compulsive Disorder: OCD)やためこみ症の臨床研究を行っている。現在の構成メンバーは、研究室主任の精神科神経科教授・中尾智博、同助教・村山桂太郎、同助教・豊見山泰史、臨床大学院生の蓮澤優、溝部太郎、加藤研太、松尾陽、心理士の大野愛哉、カン・ミンジとなっている。
活動は行動療法、OCDを対象に臨床から生物学的探索まで多岐にわたる。臨床分野では、外来・入院での行動療法実践を第一に、治療技法や病態理解をより深めるためのカンファレンス(月曜夕方)、ワークショップ(認知・行動療法学会)を行っている。研究分野では、OCD、ためこみ症の生物学的病態について神経画像を用いた探索を行っている。これまでに得られた結果は、PLoS One (Yamada et al. 2018)Neuroimage: Clinical (Tomiyama et al. 2019)Heilyon (Kuwano et al. 2020)などの国際誌に報告し、注目を集めている。
今後もOCDおよびその関連疾患に対する臨床研究と行動療法を主体とした治療の実践を精力的に行ってゆきたい。
 

行動療法研究室ホームページ


行動療法研究室は、開設以来行動療法の実践に重きを置きながら、その対象となる強迫症(Obsessive-Compulsive Disorder: OCD)やためこみ症の臨床研究を行っている。現在の構成メンバーは、研究室主任の精神科神経科教授・中尾智博、同助教・村山桂太郎、同助教・豊見山泰史、臨床大学院生の蓮澤優、溝部太郎、加藤研太、松尾陽、心理士の大野愛哉、カン・ミンジとなっている。
活動は行動療法、OCDを対象に臨床から生物学的探索まで多岐にわたる。臨床分野では、外来・入院での行動療法実践を第一に、治療技法や病態理解をより深めるためのカンファレンス(月曜夕方)、ワークショップ(認知・行動療法学会)を行っている。研究分野では、OCD、ためこみ症の生物学的病態について神経画像を用いた探索を行っている。これまでに得られた結果は、PLoS One (Yamada et al. 2018)、Neuroimage: Clinical (Tomiyama et al. 2019)、Heilyon (Kuwano et al. 2020)などの国際誌に報告、注目を集めている。
今後もOCDおよびその関連疾患に対する臨床研究と行動療法を主体とした治療の実践を精力的に行ってゆきたい。
行動療法研究室ホームページ