九州大学大学院医学研究院 精神病態医学
九州大学病院 精神科神経科
Department of Neuropsychiatry
Graduate School of Medical Sciences
Kyusyu University
Since 1906, For Better Mental Health.
九州大学大学院医学研究院 精神病態医学
九州大学病院 精神科神経科
Department of Neuropsychiatry
Graduate School of Medical Sciences
Kyusyu University
Since 1906, For Better Mental Health.

ライフスタイルに合わせた働き方ができる環境

ライフスタイルに合わせた
働き方ができる環境

HOME | 入局希望の方へ | 先輩女性からのMessage

入局理由は?

 
初期研修で精神科に触れ、多くの指導医の先生方のもと様々な専門分野に触れることができると感じました。
また、第一線で長く続けられるという期待もあり九大精神科へ入局しました。

 

ライフスタイルの変化

 
初めは同期と同じように研修施設で指導を受け、悩んでは学びを繰り返しながら精神科医としてスタートしましたが、家族の転勤や子育てによりそれまでのような働き方はできなくなりました。

入局理由は?

 
初期研修で精神科に触れ、多くの指導医の先生方のもと様々な専門分野に触れることができると感じました。
また、第一線で長く続けられるという期待もあり九大精神科へ入局しました。

 

ライフスタイルの変化

 
初めは同期と同じように研修施設で指導を受け、悩んでは学びを繰り返しながら精神科医としてスタートしましたが、家族の転勤や子育てによりそれまでのような働き方はできなくなりました。

 
 

個人に合わせた働き方について

 
夜間当直や休日の当番など他の医師と同じような勤務体制をとることは現状では難しいところがあります。
そこで医局と相談の上、勤務地や就労時間などを配慮してもらい、プライベートとのバランスがとれる「今の自分にできる範囲」で働くようになりました。
同期に遅れること数年ですが、資格取得という新たな目標に向かって経験を積んでいます。

現在

 
大学病院で研修医の頃からお世話になっている先生方のもと、のびのびと臨床医を続けることができています。

個人に合わせた働き方について

 
夜間当直や休日の当番など他の医師と同じような勤務体制をとることは現状では難しいところがあります。
そこで医局と相談の上、勤務地や就労時間などを配慮してもらい、プライベートとのバランスがとれる「今の自分にできる範囲」で働くようになりました。
同期に遅れること数年ですが、資格取得という新たな目標に向かって経験を積んでいます。

現在

 
大学病院で研修医の頃からお世話になっている先生方のもと、のびのびと臨床医を続けることができています。

入局をお考えの方へ

 
当医局は、仕事から離れた期間や回り道さえも「患者の気持ちに寄り添う医療」に役立つひとつの経験として受けとめてくれます。また、その経験を生かせる場もあります。
興味のある方はぜひ一度見学にお越しください。

 

入局をお考えの方へ

 
当医局は、仕事から離れた期間や回り道さえも「患者の気持ちに寄り添う医療」に役立つひとつの経験として受けとめてくれます。また、その経験を生かせる場もあります。
興味のある方はぜひ一度見学にお越しください。